大きな塾ほど気にかけてくれない

塾においては、大きな塾になればなるほど、個人に対しての対応が悪くなってしまいます。これは人数が多くなれば多くなるほど、一人当たりに費やすい時間が少なくなってしまうからです。そのため講師の数が少なければ、勉強においても相談に乗ってくれる時間も少なくなってしまうために、手厚いケアが受けられなくなってしまうことになるのです。 塾においては少人数制で行うことが有効です。これは講師の数が多く、また生徒の数が少ないほど、一人あたりの生徒に対して多くの時間を割くことができるのです。これにより、授業の内容においても、また分からないことがある場合においても、時間を多く割くことができるために、問題点の解消に役に立つのです。 大きな塾になればなるほど、授業の内容に融通が利きづらくなってしまうことになります。そのため細かい指導を行うことが難しくなってしまい、また生徒のレベルに合わせた授業の内容を行うことができなくなってしまうのです。これにより授業の内容についていける生徒とついていけない生徒において、大きな差が生まれてしまうことになります。なので塾の勉強についていけない生徒が比較的増えやすくなってしまうのです。 大きな塾になればなるほど、講師の数が多くなることになります。しかしこれにおいては、学生のアルバイトなどで人数を増している場合があるのです。経験の薄い学生のアルバイトを利用し、講師の数を増やすことにより、授業の数を増やすことができますが、授業の質の低下や、また生徒からの質問や相談に対して、上手く返答を行うことが難しくなってしまうことになります。 塾で大切なことは講師の質と人数です。講師と生徒の比率が適切な場合であっても、講師の経験が浅いのであれば、授業の内容をしっかりと身につけることは難しくなってしまいます。また講師一人に対し、生徒の数が多すぎるのならば、一人一人に対しての手厚いケアを期待することは難しいのです。