授業自体は難しくないと思うときも

【 2014-09-25 】

塾の授業についていけなくなると、生徒である子供さんは、授業自体を崩壊させようと暴れだすことがあります。 それは、ごく稀にそういうお子さんがいますが、それでも授業自体が難しく、ついていけない…というレベルになると、子供さんは塾に行くことを嫌がるようになります。 または、行ったとしても、やる気がないので、授業を半分にしか聞いておらず、最悪、聞いていません。 これでは、せっかくお金を出して行かせる親御さんもショックです。 授業自体は難しくない…と思う時でも、お腹が空いていたり、部活などで疲れてしまった場合には、授業がどうでもよくなり、聞いていない…ということもあります。 ただ、授業がとても楽しければそのように、どちらも飽きたりすることはないので、授業が好きになるには、先生との相性もありますし、お子さん自身がどれだけ勉強にやる気があるのか?がとても大事になります。 先生がいくらいい先生でも、お子さんにやる気がない場合には、授業を放棄してしまうこともあるからです。 でも、勿論相性が大きいこともあります。