休みがちなってもっと遅れていく

塾の授業について行くことができなくなってしまうと、休みがちになってしまい、さらに授業の進度に対して遅れてしまうことになります。これは授業が進めば進むほど、基礎的な知識が必要になるために、この基礎的な知識の取得が出来ずに遅れてしまうことになると、さらに授業の内容が分からなくなる、という事態に陥ってしまうことになるのです。 塾の授業においては、進度を個人に合わせることは難しいのです。これは基本的に多数に対して授業を行うことになるために、一人一人に合わせた内容で行うことは難しく、予め計画された授業計画により行われることになるために、一度遅れてしまうことになると、どんどん遅れてしまうことになるのです。 塾の授業が分かりづらくなってしまうと、休みがちになってしまいます。これは塾に通ったとしても、内容が理解することが出来ないために、無駄な時間を過ごしてしまうことになるからです。そのため塾にいる時間は退屈であるために、また積極的に授業を受けたとしても、やはり内容が理解できないために、通うことの意味が無くなってしまうことになるからです。そのため通うこと自体に意味が無くなってしまい、どんどんと休みがちになってしまいます。塾は学校とは違い、通わなくなることにより発生するデメリットは金銭面でしかありません。そのため休んだとしても、学校ほど問題にはならないために、休みがちになってしまうのです。 しかし金銭面に加え、学力の低下も引き起こされてしまうことになります。これを防ぐためには、塾の授業についていくことが必要であり、そのためには最初からある程度の学力が必要とされることになるのです。 最初から塾に通っており、そして授業の内容についていけるのであれば、それほど問題が発生することはありません。しかし途中から通い始め、そして学習を始めたのならば、ついていけなくなってしまう場合があるので、早い段階でたくさんの学習を行う必要があるのです。